明治機械製作所
Loading
明治機械製作所トップへ 資材情報へ サイトマップ English
製品情報 会社案内 技術資料 資料請求
HOME  > 技術資料 > LCC(Life Cycle Cost:生涯コスト)の追究

LCC(Life Cycle Cost:生涯コスト)の追究 
   
   
要旨
meijiはコンプレッサ・スプレーガンといった耐久生産財を80年にわたり生産・販売してきました。長年使っていただくこれらの製品の
あるべき姿(仕様)は何か、又ユーザーによって一番お得な仕様は何かを追究した結果、当然のことですが、次の結論に達しました。
  『meijiの製品がユーザーに購入されて長年使用頂き、その後廃却されるまでの生涯コスト(Life Cycle Cost)が最小になること
それは購入時のイニシャルコスト(Ci)が最小になることではない。』
   
LCC(Life Cycle Cost:生涯コスト)の中身
イニシャルコスト(Ci)・・・・・・・購入費
ランニングコスト(Cr)・・・・・・・運転・使用費
メンテナンスコスト(Cm)・・・・維持管理費
設備費・・・・・・・・・・・・・・・・・・・関連設備・付帯設備費
償却費・・・・・・・・・・・・・・・・・・・税務上の償却費
環境改善・維持費・・・・・・・・・・運転・使用場所の環境の改善・維持に要する費用。
     
LCC重視のF製品(Final Product:究極の製品)つくり。
『LCCを最小に!』を目指した製品をmeijiはF製品(Final Product:究極の製品)と名づけ『高価格でも最終的にはユーザーにお得なもの!』をユーザーに提供していきます。
     
LCC表
LCCの内の大略をCi・Cr・Cmが占めるので、簡略化するため、LCCに代替して下記のごとくCtを規定
Ci+Cr+Cm=Ct(Total Cost:総コスト)
・A(黒)従来機(他社)Ct・・・・・・・・Ci低い
・B(緑)meijiのF製品Ct・・・・・・・・・Ci高い
CiはCtの概ね10%前後となる。
A、BのCiの差額はLCC(Life Cycle Cost:生涯コスト)の10〜20%の期間(Lifeを10年とすれば1〜2年)で償却可能。
・従来機(他社)・・・・・・Ciは安くても、Ctは高い
・meiji F製品・・・・・・・・Ciは高くても、Ctは安い