明治機械製作所
Loading
明治機械製作所トップへ 資材情報へ サイトマップ English
製品情報 会社案内 技術資料 資料請求
HOME  > 技術資料 > 騒音値の換算について

騒音値の換算について
 同じ音の機械が加わった時の増加
増加機械台数 - 1 2 3 4
増加する騒音 dB(A) - 3 5 6 7
  【例:80dB(A)の場合】
機械台数 1 2 3 4 5
騒音値 dB(A) 80 83 85 86 87
   
騒音値の異なる2台の機械が加わった時の増加
 
2台の騒音の差 dB(A) 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10以上
増加する騒音 dB(A) 3 2 1 0
  【例:基本騒音値80dB(A)の場合】
2台の騒音値 dB(A) 80+80 80+81 80+82 80+83 80+84 80+85 80+86 80+87 80+88 80+89 80+90
騒音値 dB(A) 83 84 84 85 86 86 87 88 89 90 90
   
距離による減衰(1mにおける騒音値を基準とする)
圧縮機からの距離 m 5 10 20 30 50 70
減衰量      dB(A) 14 20 26 30 34 37
距離減衰における音圧レベルの差  
Lr1-Lr2=20log(r2/r1)
     
計算例
r1:A点の距離(m) 1m
  r2:B点の距離(m) 5m  
  L:基準となる騒音値(dB) 80dB  
  Lr2=80-20log(5/1)=66dB  
  B点での騒音値は66dBとなり、減衰値は80-66=14dBとなります。