明治機械製作所
Loading
明治機械製作所トップへ 資材情報へ サイトマップ English
製品情報 会社案内 技術資料 資料請求
HOME  > 技術資料 > ハンドスプレーガンのメンテナンス

ハンドスプレーガンのメンテナンス
  使用後のメンテナンスを行うことで製品寿命が伸びることになり、また塗装不良の低減にも繋がります。
重力式ハンドスプレーガン洗浄・分解手順
手順1 手順2
塗装作業終了後、洗浄液を塗料カップに注ぎ、カップ内部に付着している塗料をブラシで擦り洗いする、汚れた洗浄液は廃棄する。 カップ内に再び綺麗な洗浄液を入れ吹付操作と同じ要領で捨て吹きを行う。
手順3 手順4
空気キャップの全面をウエスで覆い捨て吹きを行う。 カップ内に空気が逆流され洗浄されます。このときカップ内は絶対に覗かないこと。

洗浄液の濁りが無くなるまで手順3と手順4を繰り返す。
手順5 手順6
洗浄液を含ませた布で空気キャップ、塗料ノズル等、汚れた部分を拭き取るか、ブラシ洗浄液をつけてブラッシングを行ってください。以上で通常の洗浄は終了です。
汚れがひどい場合、もしくは一週間の作業終了時は以下の手順を行って下さい。
空気キャップ、塗料調節ねじ、ニードルバネを取り外す。
手順7 手順8
ニードル弁セットを取り外す。 塗料ノズルを取り外す。

注1:ニードル弁セットをフリーにした状態で塗料ノズルの脱着を行ってください。

注2:ノズルにパッキンが付属されている場合はパッキンの取扱に注意してください。
手順9 手順10
空気キャップを洗浄液に浸した後、ブラッシングを行い洗浄してください。 塗料ノズル、ニードル弁セットも手順9ど同様に洗浄液に浸した後、ブラッシングを行い洗浄してください。
手順11 手順12
エアブローを行った後、分解の逆の手順で組付けてください。

(塗料ノズル→ニードル弁→ニードルばね→塗料調節ねじ→空気キャップの順となります。)
洗浄後のメンテナンスとしてニードル弁摺動部に少量の油を塗布する。

注:非シリコン系を使用ください)
   
吸上式ハンドスプレーガン洗浄・分解手順
 
手順1 手順2
塗装作業終了後、洗浄液を吹付け操作と同じ要領で捨て吹きを行う。 洗浄液を含ませた布で空気キャップ、塗料ノズル等、汚れた部分を拭き取るか、ブラシ洗浄液をつけてブラッシングを行ってください。以上で通常の洗浄は終了です。
汚れがひどい場合、もしくは一週間の作業終了時は以下の手順を行ってください。
手順3 手順4
空気キャップ、塗料調節ねじ、ニードルバネを取り外す。 ニードル弁セットを取り外す。
手順5 手順6
塗料ノズルを取り外す。

注1:ニードル弁セットをフリーにした状態で塗料ノズルの脱着を行ってください。

注2:ノズルにパッキンが付属されている場合はパッキンの取扱に注意してください。
空気キャップ、塗料ノズル、ニードル弁セットを洗浄液に浸した後、ブラッシングを行い洗浄してください。
手順7 手順8
エアブローを行った後、分解の逆の手順で組付けてください。

(塗料ノズル→ニードル弁→ニードルばね→塗料調節ねじ→空気キャップの順となります。)
洗浄後のメンテナンスとしてニードル弁摺動部に少量の油を塗布する。

注:非シリコン系を使用ください)