明治機械製作所
Loading
明治機械製作所トップへ 資材情報へ サイトマップ English
製品情報 会社案内 技術資料 資料請求
HOME  > 技術資料 > 定期点検と整備項目「レシプロコンプレッサ」

定期点検と整備項目「レシプロコンプレッサ」
定期点検基準表
コンプレッサの性能・寿命を維持し、永く良い状態でお使い頂くために、日常の手入れが大切です。定期の整備・保守・点検を実施してください。
点検時期はコンプレッサの使用状況、取扱方法などにより異なり一概には決めにくいものですが、一応の目安として下表に示します。
使用年数、運転時間のいずれか早い方を点検時期とし、整備間隔は繰り返しの時間です。
空気タンクが第二種圧力容器に該当するコンプレッサの場合は1年以内ごと1回、自主検査を行いその記録を3年間保存して下さい。
  警告:点検・整備を実施しないで運転を継続した場合、重大な事故に至る場合がありますので、必ず点検整備を行ってください。
  点検整備間隔は保証時間ではありません。表にあげた時間は標準的な使用の場合です。使用状態により下記点検時期は多少異なりますので、使用状態が過酷な場合は点検間隔を短くしてください。
【参考資料】
点検箇所 点検事項 点検整備間隔 備 考 手順
毎日 200H
または
1ヶ月
1200H
または
6ヶ月
2400H
または
1年
4800H
または
2年
油面計 油量点検・補給
ドレン抜き タンク内のドレンの排出
本体 運転中異常音・異常振動  




エースコントローラ 作動確認
圧力スイッチ(パッケージ) 作動確認
圧力スイッチ(汎用) 作動確認
アンロードパイロット弁 作動確認
安全弁 漏れ確認  
圧力逃し弁 作動確認・漏れ確認、点検  
圧力計 作動確認  
空気漏れ 点検  
吸込ろ過器フィルタ 清掃・交換 適宜交換
Vベルト 傷んだ物は交換
伸びている場合は張り調整
潤滑油 潤滑油の交換
初回のみ
ボルト・ナット 緩み点検・増締め  
フェザー弁の漏れ 圧力降下確認 圧力上昇
時間を測定
 
インタークーラ 点検・清掃
ベルト車・モータプーリ 緩み点検
オイルセンサ 作動確認・フロート清掃  
コンプレッサ全体 清掃・整備  
空気タンク 清掃・破損の有無点検 定期自主
点検・検査
 



検 
配管 内部に付着した炭化物除去  
リング・シリンダ 傷・磨耗状態の点検 リングは
セットで交換
 
フェーザー弁セット 傷・炭化物点検  
アンローダピストン 傷・磨耗状態、Oリングの劣化  
各ピン軸受部・玉軸受 傷・磨耗状態・回転状態の点検  
・〇印は、運転開始後あるいは部品交換からの時期です。●印は交換時期です。
・分解点検は、購入先または最寄の明治指定サービス店に依頼してください。
・フェザー弁セットの点検は圧力降下及び圧力上昇時間を測定し、基準値より時間がかかれば分解点検が必要です。
・上記は参考資料です、点検・整備については製品付属の取扱説明書に基づいて実施して下さい。