明治機械製作所
Loading
明治機械製作所トップへ 資材情報へ サイトマップ English
製品情報 会社案内 技術資料 資料請求
HOME  > 技術資料 > 各部の名称とその働き

定期点検と整備項目「エンジンコンプレッサ」
 各部の名称とその働き
エンジンコンプレッサ APETシリーズ    
  1 ディーゼルエンジン コンプレッサ本体の駆動源です。
  2 コンプレッサオイル
注油口
コンプレッサオイルを注油する箇所です。
  3 コンプレッサ本体 圧縮空気を製造する本体です。
  4 中間圧力用安全弁 中間段圧力異常上昇を防止します。
  5 排気出口 ディーゼルエンジンの排気を行います。
  6 圧力逃し弁 アンロード時や停止時に中間段の圧縮空気を排出する弁です。
  7 エンジンオイル
注油口
エンジンオイルを注油する箇所です。
  8 安全弁 空気タンク内圧力の異常上昇(1.08MPaまたは1.47MPa以上)を防止します。
  9 空気タンク コンプレッサ本体で製造された圧縮空気を貯蔵します。
  10 防振ゴム エンジン・コンプレッサ本体で発生した振動をとり、パッケージに振動を伝えない装置です。
  11 コンプレッサオイル
抜きプラグ
コンプレッサオイルを排出する箇所です。
  12 ドレン弁 空気タンク内に溜まる水・油・錆などを排出させる弁です。
  13 アンローダパイロット弁 コンプレッサ本体をアンロード(無負荷状態)にさせる装置です。
  14 エンジンオイル
抜きプラグ
エンジンオイルを排出する箇所です。
  15 空気弁 圧縮空気の取出し口です。
  16 開放弁 コンプレッサ起動時のタンク内圧をゼロにするための弁です。
  17 サイレンサー 開放弁からエア排出時の開放音を低減します。
  18 欠油警報ブザー コンプレッサ・エンジンオイルが規定量を下回ると警報するブザーです。
  19 運転操作レバー 運転・停止を制御するレバーです。
  20 キースイッチ セルモータによる始動を行うスイッチです。
  21 チャージランプ
  22 圧力計 空気タンク内の圧力を示します。